健康経営の取り組み

当社の健康企業宣言

WHO (世界保健機関)憲章では「健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあること」と定義しています。つまり、身体と心が安定しており、家庭や職場、地域社会で豊かな人間関係があるというように、すべてが健やかでバランスがとれていることが「健康」といえます。
また、従業員満足度が高い職場は、顧客満足度も高く、ひいては会社の更なる成長基盤の創出に繋がるといった好循環をもたらし、社員・顧客・会社のトリプルWINの関係構築に寄与するものと考えます。
社員の健康づくりに関わる支出を「コスト」ではなく「投資」と捉え、社員の健康管理に戦略的視点で取り組む健康経営により、社員と会社が協力して健康的な会社風土をつくり、繁栄し続ける企業を目指すために、当社は以下のとおりの健康企業宣言を制定いたしました。

健康企業宣言
当社は、社員が心身ともに元気に働ける職場を目指して、
社員と一体となって、健康づくりに取り組みます。
【7つの取り組み】
1. 健診を100%受診します。
2. 健診結果の活用をします。
3. 健康づくり環境を整えます。
4. 「食」に取り組みます。
5. 「運動」に取り組みます。
6. 「禁煙」に取り組みます。
7. 「心の健康」に取り組みます。
2019年4月1日
高砂丸誠エンジニアリングサービス株式会社
代表取締役社長 中村 章
当社は、2019年4月1日付で、健康保険組合連合会東京連合会に「健康企業宣言(※)」いたしました。
(登録番号 健第101579 号)

※健康企業宣言とは、健康優良企業を目指して、企業全体で健康づくりに取り組むことを宣言し、一定の成果を上げた場合は「健康優良企業」として認定される制度です。

Information

CSRに関するお問い合わせを受付けております。
ご希望の方は、お気軽にメール及び電話でお問い合わせ下さい。