排水レスフラッシング

排水をゼロにする画期的なフラッシング工法

建築設備工事における配管フラッシングは、配管の保管時や施工時に入り込む異物、溶接作業で発生するスラグ及び酸化亜鉛などの除去を目的とした試運転調整前に行われる施工プロセスの一つです。従来からのフラッシングは、水の張替えとポンプ循環を複数回行うため、作業に多くの時間と労力を要します。また、排水するフラッシング水に高濃度の亜鉛が含まれており、環境に配慮した方法とは言えません。本システムはこれらの問題を解決することができました。既存配管に対しても適用できるため、建物配管の長寿命化にも貢献します。
排水をゼロにする画期的なフラッシング工法
適用例
適用例
排水レスフラッシング工法の強み
排水レスフラッシング工法の強み
導入実績
導入実績
排水レスフラッシング工法採用例
排水レスフラッシング工法採用例

Information

空調機や関連機器などのメンテナンスや改修作業ほか、あらゆるご要望にお応えします。
当社の業務内容へのお問い合わせがございましたら、下記ボタンから専用フォームへお進みください。