TMES株式会社

ご利用のブラウザでは動作保証対象外です
ご利用のInternet ExplorerはでMicrosoft社も利用は危険であると発信しています。
このウェブサイトもInternet Explorerでの表示は保証しておりません。
以下のブラウザでの利用を推奨いたします。

TMES MAGAZINE

進化し続ける業界動向から最新技術情報などタイムリーな情報をお届けします。

  • TOP
  • 健康増進法改正に伴う受動喫煙防止対策

健康増進法改正に伴う受動喫煙防止対策

2019.06.11

相談:2018 年7月に健康増進法が改正されました.これに伴って,どのような措置が必要でしょうか

A:喫煙による健康影響に関しては,喫煙者本人のみならず,ニコチンや一酸化炭素などのほか,発がん性物質約 70 種類といった有害物質が主流煙の数倍も副流煙に含まれていることから,受動喫煙によって周囲の人の健康にも悪影響が及ぶことが明らかになっています.職場,飲食店,家庭などのさまざまな場所で受動喫煙が起こっています.これを改善することで「望まない受動喫煙」のない社会の実現を目指して,健康増進法が改正されました.改正に当たって変更された受動喫煙割合の目標値と施行スケジュールを,表1・2に示します.

 

詳しくは下記、ボタンより記事をご確認ください。