TMES株式会社

TMES MAGAZINE

進化し続ける業界動向から最新技術情報などタイムリーな情報をお届けします。

  • TOP
  • エネルギーを正しく測るメータの役割

エネルギーを正しく測るメータの役割

2021.09.29

相談:ビル管理業務の対象となる,建物で使用されているメータの種類と役割について教えてください.

A:最近は,建物に多数のセンサーが取り付けられることが多く,その目的は省エネルギー推進のための見える化であったり,入居テナントへの課金通知であったり,生産ラインの品質管理のためなど,さまざまです.一方で,技術の進歩により,センサーの製品の種類は,多様化したニーズに応じて増えています.そうしたメータの用途は,大きく分けて次の二つになります.
①エネルギー消費量などを把握し管理するためのもの
②水やエネルギーの取引を前提としたもの
①の管理用メータは,正しく測れることが重要です.②のメータは一般に課金メータと呼ばれるもので,計量法に基づいた検定品を使用する必要があります.①管理用メータ建物のエネルギー消費量の中にある無駄を見つけるためには,必要な場所の必要なエネルギー消費量を正確に把握できなければなりません.また,労力をかけずにその分析ができるデータであることも求められます.②課金メータ建物・施設の所有者や管理者が一括で支払った光熱水費を,入居者やテナントに個別に請求するために使われるメータで,一般的に「私設メータ」「子メータ」と呼ばれます.それらのメータは,電気・水道・ガスなどの供給事業者が料金請求に使用しているメータ(公設メータ)と同様に有効期間があります.また,計量法第 16 条により,取引または証明に用いる計量器は,検定に合格し,かつ,有効期間内のものでなければ使用できないと定められています.

詳しくは下記、ボタンより記事をご確認ください。

 

設備と管理最新号はこちら